×

亀田和毅「どんな対策をしようが…」未来のパンチは当たらない?メイウェザーVS未来について言及

[ 2022年6月25日 19:15 ]

亀田和毅
Photo By スポニチ

 プロボクシング元世界2階級王者でWBA世界スーパーバンタム級5位の亀田和毅(30=TRY BOX 平成西山ジム)が24日に自身のYouTubeチャンネルを更新。9月に決まった格闘家の朝倉未来(29=トライフォース赤坂)とプロボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(45=米国)との一戦について言及した。

 現在45歳のメイウェザーの動きを見て和毅は「結構いい動きしてるからな。昔の動きとはやっぱちゃうで。いろんな選手と戦ってきてやっぱり上手いわ」と称えた。さらに「朝倉がどんな対策をしようがパンチが当たることがないと思うわ」と断言した。

 「あと3カ月しかないんやで。そんな3カ月でボクシングのことやったって無理やで」と今回の試合のためにボクシング練習をしてもメイウェザーには通用しないと話し、「朝倉が勝てることはないと思うわ」と言い切った。

 体格に関しては未来の方が大きいが「ボクシングの打ち方も出来ひんパンチなんてメイウェザーはまず貰わへんから。もらったところでだと思うし、いろんな選手と戦ってきて効けへんし、しっかり流すと思うわ。だからヘビー級の総合格闘技選手とやるのとちゃうやん」とメイウェザーはパンチをもらわずに圧倒すると予想した。

 最後に「99%メイウェザーが勝つ。負けるところが想像つかへんもん。1%はラッキーパンチはあるで。だからそこでどうなるかわからんけど普通にいったらメイウェザーの勝ち」と締めた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年6月25日のニュース