×

RISE QUEENミニフライ級新王者はerika「ベルトの価値高めたい」

[ 2022年6月24日 21:45 ]

<RISE QUEENミニフライ級王座決定戦>3―0の判定勝ちで新王者となり、喜ぶerika(左)
Photo By スポニチ

 立ち技打撃格闘技「RISE159」は24日、東京・後楽園ホールで行われ、メインのRISE QUEENミニフライ級(49キロ以下)王座決定戦は、同級3位のerika※(SHINE沖縄)が同級1位のAKARI(18=TARGET)に3―0(50―48、49―47、50―46)で判定勝ちし、新王者となった。(erikaの後ろにハートマーク)

 3月に現役引退を発表した寺山日葵(TEAM TEPPEN)が保持していたベルトをかけての一戦。昨年12月の対戦で延長の末に判定勝ちしているerikaが再戦でも序盤から積極的にプレスをかけて優位に試合を進め、押し切った。「本当は圧倒して勝ちたかったんですけど、判定までいってしまって申し訳ありません」と反省しつつ、「ベルトを獲ると、集中して練習してきたので結果が出てよかったです」と安ど。「RISEチャンピオンとして最強を目指して、ベルトの価値を高めていけるように頑張りたい」と誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年6月24日のニュース