×

京口紘人 朝倉未来がメイウェザーに勝つのは「9:1で無理」 試合展開は「塩漬け」と予想

[ 2022年6月21日 19:28 ]

京口紘人
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(28=ワタナベ)が21日、自身のYouTubeを更新し、9月に日本で行われる格闘家の朝倉未来(29=トライフォース赤坂)とボクシングの元世界5階級制覇のフロイド・メイウェザーの一戦について、試合展開を予想した。

 「朝倉未来とフロイドメイウェザーと決定!!ボクサー目線で試合展開予想してみた」と題してYouTubeを更新した京口は「冷静に分析して、あーだこーだって言う分には、勝てるか勝てないかで言ったら僕の中では9:1で無理ですね」と分析した。

 朝倉がメイウェザーに勝利した場合は「今すぐボクシングの世界来ても世界狙えますね」とした。続けて「勝てたらボクシング転向してやった方が、今のYouTubeやってRIZINで格闘家としてやるよりは“稼げるよ”って思う。単純に。メイウェザーに勝てるんやったら、ボクシングに転向して世界狙った方がファイトマネーとかも何十億の世界」と語った。

 メイウェザーとの試合について「気をつけなあかんポイントとして、浮かんだのがメイウェザーのジャブ」とした。「未来さんって大きく構えるスタイルなんで、この間(お互いの距離)のジャブ。一番もらうパンチじゃないかな」と、メイウェザーはリスクを負ってまで近づいて攻めないとした。

 また「(那須川)天心戦みたいに、いつでも倒せるよっていう戦い方はしないと思う。塩漬けにする展開になると思う」と予想。「意外とエキサイティングな白熱した戦いにならないと思う。一方的で未来さんのパンチは結構空振りが多いと思う」とボクシングスキルの差が出るとした。

 試合のルールについてはまだ発表されていないが「これが総合ルールなら話にならない。未来さんのが有利」としたが「絶対に総合ルールとかにしない。あの天心のサイズですら、1発蹴ったら5億円(の賠償)とか言われたんでしょ?未来さんのクラスで絶対やらない。蹴った時点で試合無効かつ、10億円(の賠償)とかむちゃくちゃなルール言ってくると思いますよ」と語った。

 「僕は別に試合やと思ってない。いちエンターテインメントやと思ってる」としながらも「予想としては塩漬けで判定」と結果を予想しつつ「レフェリーが止めるTKOはあるかもしれない。未来さんが勝つ確率だけで言ったら10%もない。9:1ってさっき言いましたけど。1万回試合して1回勝つぐらいの確率」と考察した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年6月21日のニュース