×

岩田、プロ7戦目9回TKOで新王者 コロナ感染仕切り直し一戦で猛攻

[ 2021年11月7日 05:30 ]

日本ライトフライ級王座決定戦10回戦   岩田翔吉 9回TKO 芝力人 ( 2021年11月6日    後楽園ホール )

9回TKO勝ちで新王者となった岩田(右)と粟生トレーナー 
Photo By スポニチ

 自身の新型コロナ感染により2カ月延期された仕切り直しの一戦で岩田が9回TKO勝ち。プロ7戦目で日本王座を獲得した。

 ガードを固めて前進して接近戦に持ち込み、6回に右フックでダウンを奪うと、9回の猛攻でレフェリーストップを呼び込んだ。

 アマの世界選手権で日本勢初の金メダルを獲得した坪井、岡沢は同学年。岩田は「素直にうれしい」と同世代の活躍を歓迎しつつ「僕は僕なので。必ず世界王者になります」と力強く誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2021年11月7日のニュース