王者フューリー死闘制し初防衛 4回に2度のダウン奪われるも逆転KO

[ 2021年10月11日 05:30 ]

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ12回戦   〇タイソン・フューリー KO11回1分10秒 デオンティ・ワイルダー● ( 2021年10月9日    米ラスベガス )

11回KOで初防衛したフューリー(左)(AP)
Photo By AP

 王者フューリーが前王者ワイルダーとの死闘を制して初防衛に成功した。3回に先制のダウンを奪いながら4回に2度のダウンを喫した。それでも驚異的なスタミナを発揮し、10回に右フックでダウンを奪うと、最後は強烈な右で宿敵を沈めた。

 3度目の対戦で完全決着。フューリーは「ワイルダーはタフで強いパンチを打ってきた。本物の試合を見せてくれたが、世界最強は俺だ。彼がいくら頑張っても2番だ」と言い放った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年10月11日のニュース