“ミラモン”松本&アマ8冠中垣 大橋ジムのホープ2人が8・24プロデビュー

[ 2020年7月10日 13:06 ]

8月24日にプロデビュー戦が決まった中垣龍汰朗(左)と松本圭佑(大橋ジム提供) 
Photo By 提供写真

 今年2月に大橋ボクシングジムに入門した期待の大物ルーキー2選手が8月24日、東京・後楽園ホールでプロデビューすることが決まった。大橋ジムが10日に発表した。

 松本好二トレーナー(50)の長男で、フジテレビ「ミライ☆モンスター」に何度も紹介された松本圭佑(20)は三宅寛典(31=ビックアーム)と56キロ契約で、アマチュア8冠の中垣龍汰朗(20)は堀井翔平(29=トコナメ)とスーパーフライ級で、ともに6回戦を闘う。

 2人はともに東京五輪出場を目指していたが、その道が断たれたことで東農大を中退し、プロ転向を決意。新型コロナウイルス感染が拡大する中、異例の「出張プロテスト」でB級ライセンスを取得し、練習を続けていた。当初は5月28日にデビュー予定だった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年7月10日のニュース