協栄ジム 活動休止を否定「当ジムが発表したものではなく、予定している事実もない」公式HPで見解発表

[ 2019年12月7日 12:50 ]

金平桂一郎会長
Photo By スポニチ

 活動休止になることが7日に一部で報じられた協栄ジム(東京都新宿区)が同日、公式ホームぺージを更新し、「活動休止を予定している事実もございません」と報道内容を否定した。

 プロボクシングで具志堅用高ら13人の世界チャンピオンを輩出した名門ジムの「活動休止」報道。金平桂一郎会長は、ジム会長らで組織する東日本ボクシング協会へ9日にも休会届を提出し、統括団体の日本ボクシングコミッションに説明するとしている。金平会長によると、ジムの実質的な経営を任せていたオーナーとの間で行き違いがあり、溝が生まれたという。

 一方、今回の報道を受け、同ジムの公式ホームページでは「本日の一部報道に関するお知らせ」として見解を発表。「本日、一部のメディアにおいて、当ジムが活動休止を予定している旨の報道がありましたが、当ジムが発表したものではなく、活動休止を予定している事実もございません。当ジムは、引き続き、会員の皆様に対してこれまで同様のサービスを提供してまいります」とした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年12月7日のニュース