安藤美姫 12・28K―1の大会アンバサダー就任 初“リング”で驚き「血が…」

[ 2019年11月24日 16:05 ]

 プロフィギュアスケーターの安藤美姫(31)が12月28日、名古屋市のドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される「K―1 WORLD GP 2019 JAPAN~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」の大会アンバサダーに就任した。

 安藤は24日の横浜大会のリングに上がり、「6月の両国大会で初めて生観戦してファイターとして戦う姿、筋肉の動きなどに刺激を受けてファンになった。名古屋市出身ということもあり、アンバサダー就任が実現して楽しみにしています」とあいさつ。リンクではなくリングに初めて上がった感想を問われると「ビックリというか、血が…」と驚きつつ「本当に迫力とか気力と感じられる神聖な場所に立たせていただいて感謝してます」と話した。

 また、初代女子フライ級王座決定トーナメントに参戦するKANA(K―1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)には「女子アスリートとして注目している。アスリート仲間として応援したい」とエール。「近くで見ると魅力的なスポーツ。ぜひ若い女性にも来てほしい」と呼び掛けた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年11月24日のニュース