ネリ、またも体重超過…試合は中止に 尚弥も怒り「どうしようもねぇな」

[ 2019年11月24日 05:30 ]

ルイス・ネリ
Photo By スポニチ

 前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量に失敗し、23日(日本時間24日)に米ラスベガスで行われる予定だったWBC世界同級挑戦者決定戦は中止となった。前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦し、勝者が王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)に挑戦するはずだった。

 ネリはバンタム級の上限118ポンド(53・5キロ)を1ポンド(450グラム)超過。再計量を行わず、金銭的解決を求めたが、ロドリゲス陣営が拒否し、中止が決まった。昨年3月の山中慎介(帝拳)との再戦でも前日計量で大幅な体重超過を犯し、王座を剥奪された問題児は、またも同じ過ちを繰り返した。

 この事態にWBA&IBF世界同級統一王者の井上尚弥(大橋)は自身のSNSに「ネリどうしようもねぇな」と投稿。ネリには海外メディアを通じて再三挑発されていただけに「こんなやつにゴタゴタ言われたくない。ボクシング界から追放でいい」と切り捨てた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年11月24日のニュース