村田、挑戦者バトラーを分析「プレッシャーかけられると何も出来ない」

[ 2019年11月14日 16:34 ]

<村田諒太練習>ミット打ちする村田(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(33=帝拳)が14日、都内のジムで同級9位スティーブン・バトラー(24=カナダ)と対戦する初防衛戦(12月23日、横浜アリーナ)に向けての練習を公開した。

 この日はミット打ちなどでたっぷり汗を流した村田。先月28日からスパーリングを開始し、総勢5人のパートナーを招いて週3ペースで実施しているという。パートナーのうちブランドン・クォールズ(33=米国)はすでに帰国、ブランドン・ロビンソン(31=同)は16日に帰国する予定で、試合までの残りの期間はアドリアン・ルナ(29=メキシコ)、ビタリ・コピレンコ(35=ウクライナ)、アイザイア・スティーン(23=米国)の3人とのスパーで仕上げていく予定だ。

 中でも注目はコピレンコ。5月にバトラーと対戦し、1―2での判定負けしたものの、左ボディーでダウンを奪うなど接戦を演じた選手だ。村田によると「ガードを固めた構えとか似てる」そうで、仮想バトラー役を担うことになりそうだ。

 村田はコピレンコとバトラーの試合の映像も確認済みで、バトラーについて「プレッシャーをかけられると何も出来ないタイプ」と分析。「しっかりプレッシャーをかけて上下に打ち分け、手数を出していくこと。後は打ち終わりをガードすること」と戦いをイメージしていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年11月14日のニュース