メイウェザー 台風被害の千葉県へ支援金 懐から現ナマ1万ドル!

[ 2019年9月13日 16:39 ]

千葉県内の台風被害の支援金として1万ドルの寄付を申し出たメイウェザー(左)。右は徳弘浩会長
Photo By スポニチ

 ボクシング元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(42=米国)が13日、都内で行われた会見に出席し、台風15号で大きな被害が出た千葉県へ支援金を贈ることを表明した。

 この日の会見では、トラストライン株式会社がTMTジャパンとアジア圏での独占ライセンス契約を締結したことを発表。第1弾の事業として参加料100万円でメイウェザーとプライベート昼食会を16日に開催するが、その売上金の一部を寄付するという。同社会長でTMTジャパンのCMOに就任した徳弘浩平氏が、メイウェザーの意向を紹介すると、すかさず懐から100ドル札の束、推定1万ドル(約108万円)を取り出し、徳弘氏に手渡した。

 同社は今後、健康食品の販売やアパレル販売などの事業を展開。メイウェザーは「日本でいろいろな仕事ができるのは楽しみ。格闘技の興行だけでなく、コンサートなどもやれたら。トラストライン社、東京のチーム(TMTジャパン)とともに次のレベルに行けるよに積極的に進めていきたい」と笑顔。年末に再び日本でエキシビションマッチを行うプランについては「できればいいなとは考えている。金額とタイミングが合えば実現する」と話すにとどめた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年9月13日のニュース