宮尾 判定負けも…現役続行を明言「まだ、やらせてください」

[ 2019年9月13日 05:30 ]

WBA女子世界アトム級王座統一戦10回戦   〇正規王者モンセラット・アラルコン 判定 暫定王者・宮尾綾香● ( 2019年9月12日    後楽園ホール )

<WBA女子世界アトム級王座統一戦>判定負けで王座統一に失敗し、客席に向かって頭を下げる宮尾綾香
Photo By スポニチ

 宮尾は無念の判定負けで王座統一に失敗。「有言実行できず、ごめんなさい」と唇をかんだ。

 スピードでは上回ったが、アラルコンの手数の多さに屈し採点は92―98、96―94、94―96。「思っていたよりも差が開いた」と悔しがった。王座陥落、右膝前十字じん帯断裂の重傷を乗り越えてきた36歳は「悔しいので、まだ、やらせてください」と涙を浮かべながら現役続行を明言した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年9月13日のニュース