天心「旅立つ時」海外進出を示唆

[ 2019年9月10日 05:30 ]

公開練習で豪快なヒザ蹴りをみせる那須川天心(左)
Photo By スポニチ

 キックボクシングの“神童”那須川天心(21=TARGET/Cygames)が松戸市内のジムで「RISE WORLD SERIES 2019 Final Round」(16日、幕張メッセ)に向けて練習を公開した。

 58キロ以下級トーナメント決勝で志朗(26=BeWELL)と対戦する那須川は「自分を倒すためにRISEに来た選手。決勝で戦うのは運命的なものを感じる。しっかり倒して終わらせる」と豪語。「世界一を決める大会だけど、優勝して本当に世界で一番強いのかと言われれば、そうではない。旅立つ時が来ているのかも」と、今後の海外進出にも含みを持たせた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年9月10日のニュース