浜崎朱加 RIZINに向け練習公開「1Rから倒しにいく」

[ 2019年8月7日 17:48 ]

RIZIN女子スーパーアトム級王者の浜崎朱加スパーリングを公開した浜崎朱加
Photo By スポニチ

 格闘技イベント「RIZIN.18」(18日、愛知・ドルフィンズアリーナ)に出場するRIZIN女子スーパーアトム級王者・浜崎朱加(37=AACC)が7日、アム・ザ・ロケット(23=タイ)とのノンタイトル戦に向けて都内のジムで練習を公開した。ここまでは「ケガもなく順調」といい、「ムエタイベースの選手とやるのは初めて。リズムをつかむまで時間がかかるというのはあるが、1Rから倒しにいく。打撃も試しながら寝技で決められたらベスト」と抱負を語った。

 今月上旬には、女子総合格闘技のレジェンドでRIZINの解説を務める藤井惠さんがインストラクターを務める広島県福山市のジムで合宿を張った。坂道ダッシュや150段の階段ダッシュを繰り返し、「メチャきつかった。昔を思い出した。初心に戻れて、いい感じ」と準備は万端だ。

 浜崎と同じ階級では、ハム・ソヒ(32=韓国)と山本美憂(45=KRAZY BEE/SPIKE22)が対戦に向けて動き出しており、その試合の勝者と浜崎のタイトル戦も期待される。「ベルトの価値を世界一にしたい」という浜崎だけに、「どっちが来ても、しっかり受け止める準備をする」と王者の風格を漂わせていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年8月7日のニュース