メイウェザーに日本2戦目計画 ビジネス&居住も視野

[ 2019年6月14日 05:30 ]

都内で会見を行ったメイウェザー(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 ボクシングの元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(米国)が都内で会見し、年内に再び日本でエキシビションマッチを行うプランがあることを明かした。

 メイウェザーは昨年大みそかに「RIZIN」でキックボクサーの那須川天心とスペシャルエキシビションを行った。今回の来日では「何カ所かと打ち合わせをしていた。今は交渉の段階」と説明した。関係者によると、対戦相手の候補は国内外の選手で、日本人ではキックボクサーや総合格闘技の選手という。現役を引退しているメイウェザーは日本でのカジノビジネスに興味を示しており、東京に住まいを持つ計画も明かした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年6月14日のニュース