「袴田事件」題材の漫画が公開 「スプリット・デシジョン」6回連載の第1回

[ 2019年2月15日 10:50 ]

 「袴田事件」を題材とした漫画「スプリット・デシジョン〜袴田巌 無実の元プロボクサー」が15日、日本プロボクシング協会「袴田巌支援委員会」のホームページ(HP)で公開された。6回連載の第1回で、毎月15日に公開される。

 静岡県で一家4人が殺害された強盗殺人事件で無罪を訴えながらも死刑が確定した元プロボクサー袴田巌さん(82)を支援する活動の一環。小中学生や関心がなかった人たちに分かりやすい形で事件を知ってもらうのが狙い。66年の事件発生から裁判の経過、現在までを描く。作画は袴田さんと同じ元プロボクサーで、事件が起きた静岡市清水区出身の森重水さん(30)が担当。タイトルの「スプリット・デシジョン」はボクシングで判定が2―1と割れた試合を意味する。

 同委員会では連載終了後に冊子化することや英訳して海外に発信することも計画している。

 日本プロボクシング協会「袴田巌支援委員会」HPのアドレスは以下の通り。

 http://jpbox.jp/hakamada2.html

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年2月15日のニュース