井上尚弥「プロポーズされてないって一生言われる…」 夫人との馴れ初め明かす

[ 2019年2月7日 07:56 ]

井上尚弥
Photo By スポニチ

 WBAバンタム級王者・井上尚弥(25=大橋)が6日放送のフジテレビ系「TOKIOカケル」(水曜後11・00)に出演。15年12月に結婚した咲弥夫人との馴れ初めについて語った。

 夫人との出会いを聞かれた井上は「出会いは高校。同級生です。高校1年生の7月から交際しました」と明かし、「(告白は)自分からですね。ずっと連絡取り合っていて、付き合ってないのに一緒に学校行ったりしていたんですけど、向こうが『うちらの関係って何なの』みたいなことを言って、『じゃあ、付き合おうか』って言わされちゃった」と赤面した。

 その後、約8年の交際を経て結婚。「プロポーズの時は聞いちゃったんですよ。『結婚する?』って。しよっかみたいな感じにはなったんですけど、『プロポーズされてない!』って一生言われる」と苦笑い。子どもも生まれ「モチベーションは上がりました。負けられないという思いはひしひしと出てくる」と力強く語っていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年2月7日のニュース