勅使河原、東洋太平洋Sバンタム王者!「現代の輪島になる」

[ 2018年10月12日 05:30 ]

OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王座決定12回戦   ○(同級5位)勅使河原弘晶≪5回1分10秒KO≫(同級9位)グレン・サミンギット● ( 2018年10月11日    東京・後楽園ホール )

東洋太平洋のベルトを獲得した勅使河原(右)は輪島功一会長と笑顔(撮影・中出 健太郎)
Photo By スポニチ

 前WBOアジア・パシフィック・バンタム級王者の勅使河原がスーパーバンタム級でも東洋太平洋王座を獲得した。階級を上げてパワーアップしたほか、元3階級制覇王者・長谷川穂積氏から体幹トレを教わりバランスも改善。

 元世界スーパーウエルター級王者・輪島功一会長からの「ガードの上からでも叩け」のアドバイスを実践して3度ダウンを奪い、「この階級で世界王者。俺が現代の輪島功一になります」と宣言した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2018年10月12日のニュース