尚弥 圧巻!3連続KO勝利でV5!米国進出視野「次はビッグな試合」

[ 2017年5月21日 20:45 ]

プロボクシングWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦   王者・井上尚弥―同級2位リカルド・ロドリゲス ( 2017年5月21日    有明コロシアム )

<WBO世界スーパーフライ級TM>3R、KO勝利の井上
Photo By スポニチ

 プロボクシングのダブル世界戦が21日、東京・有明コロシアムで行われ、WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は王者・井上尚弥(24=大橋)が同級2位リカルド・ロドリゲス(27=米国)を3回1分8秒にKOで下し、5度目の防衛に成功した。

 3回、井上尚は先制のダウンを奪うと、最後は左フックで相手に10カウントを聞かせた。試合後、井上尚は「ほっとしている。やる前から勝って当たり前と思える試合ほど怖いものはないと気を引き締めていた。こういう結果になって良かった」と涼しい顔で話した。3連続KO防衛で次戦には米国進出も視野に入れる。「この次は会長からビッグな試合があると聞いている。それに向けていい倒し方ができて良かったし、米国に向けても少しはアピールできたのかなと思う。(次戦は)9月にほぼ決まっていると。それに向けて頑張りたい」と先を見据えた。

 通算戦績は井上尚が13戦全勝11KO、ロドリゲスは20戦16勝(5KO)4敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2017年5月21日のニュース