ロペス完敗認める「彼の夜だった」拳四朗は「少し複雑なスタイル」

[ 2017年5月21日 05:30 ]

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ   ○同級4位・拳四朗 判定 王者ガニガン・ロペス● ( 2017年5月20日    有明コロシアム )

拳四朗(右)と激しい打ち合いを見せたガニガン・ロペス
Photo By スポニチ

 拳四朗に敗れたロペスは「相手はいいボクサーだと思うけど、今日は私の夜ではなかった。彼の夜だった」と素直に敗戦を認めた。

 ただ、判定の結果には「相手のパンチの影響は受けなかったし、私が相手に影響を与えていた」と納得していなかった。拳四朗については「距離の取り方など少し複雑なスタイルを持つ選手だった」と印象を語った上で「また対戦したい。いい試合をします」と希望した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2017年5月21日のニュース