JKファイター浅倉ナマ着替え ダウン奪うも初陣飾れず…

[ 2016年12月30日 05:30 ]

RIZIN FIGHTING WORLD GP 2016   浅倉カンナ《68キロ契約》アリーシャ・ガルシア ( 2016年12月29日    さいたまスーパーアリーナ )

ナマ着替えで会場を沸かせた浅倉だったが…
Photo By スポニチ

 女子高生ファイターの浅倉カンナ(パラエストラ松戸)は、29日にさいたまスーパーアリーナで行われた「FIGHTING WORLD GP2016」でRIZINデビュー戦を白星で飾ることはできなかった。

 制服を着て入場して観衆を沸かせ、試合が始まると果敢に距離を詰めて仕掛けた。だが、アリーシャ・ガルシア(米国)の膝蹴りを浴びるなど苦戦。テークダウンを奪う場面もあったが、攻めきれなかった。6歳でレスリングを始めて17歳でプロデビューした新世代の星は「負けて悔しい」と残念がった。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2016年12月30日のニュース