八重樫 12回TKO勝ちで2度目の防衛、それでも「まだ未熟」

[ 2016年12月30日 20:03 ]

IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ 王者・八重樫東《12回戦》同ミニマム級8位サマートレック・ ( 2016年12月30日    有明コロシアム )

6回、サマートレックに右ストレートを見舞う八重樫
Photo By スポニチ

 IBF世界ライトフライ級王者・八重樫東(33=大橋)は、同ミニマム級8位のサマートレック・ゴーキャットジム(32=タイ)と対戦、12回TKOで勝ち2度目の防衛を果たした。

 中盤までは互いに決定打が出なかったが、7回、距離を詰め激しく打ち合う展開に。8回以降は手数で上回り、12回、残り1分を切った場面で八重樫が猛烈なラッシュ。レフェリーが試合を止めTKO勝ちが決まった。

 「本当はもっと早く詰められたんですけど、やりにくかったですね」「まだまだ未熟なもので日々精進します」とさらなるレベルアップを誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年12月30日のニュース