尚弥 6回TKO勝ちで4度目防衛、河野との日本人対決圧勝

[ 2016年12月30日 20:47 ]

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ 王者・井上尚弥《12回戦》同級10位・河野公平 ( 2016年12月30日    有明コロシアム )

2回、河野(手前)に右アッパーを見舞う井上尚弥
Photo By スポニチ

 日本人対決となったWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチは王者・井上尚弥(23=大橋)が、挑戦者の同級10位・河野公平(36=ワタナベ)と対戦、6回TKOで勝ち4度目の防衛を果たした。

 序盤から激しく打ち合う展開となり、井上のパンチが的確に突き刺さる中、河野も負けじと前へ。6回、井上が強烈なフックで河野を倒す。辛うじて河野は立ち上がったものの、もう1度倒され、TKOが決まった。

 1度目のダウンで井上は勝利を確信しコーナーポストへ。「1回目で10カウントいったのかなと思いましたけど、再開されて、危ないシーンでしたね」と振り返った。「河野さん、きょうは対戦できたことを感謝しています ありがとうございました」と果敢に攻め続けてきた挑戦者に感謝した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2016年12月30日のニュース