撃沈ニエベス、負け惜しみ…山中は「パワーなかった」

[ 2013年8月13日 06:00 ]

1R、ダウンしたニエベスは視線を上に向けることなく10カウント…

WBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦 ○王者・山中慎介 KO 1回2分40秒 同級8位ホセ・ニエベス●

(8月12日 大田区総合体育館)
 わずか160秒で沈んだニエベスは負け惜しみたっぷりだった。

 控室に戻ると「残念で悲しい。タイトルを獲りに来たのに、ベルトを持たないで帰らないといけない。どうしたらいいのか」とうなだれた。山中の“神の左”については「パンチは見えなかったがパワーはなかった」と強気。「ダメージもなかったし、立ち上がって戦おうとしたのにレフェリーに止められた」と不満そうだった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2013年8月13日のニュース