井岡、宮崎がスパー公開 9月にダブル世界戦

[ 2013年8月13日 20:32 ]

9月の世界戦へ向け、スパーリングを公開したWBAライトフライ級王者の井岡一翔

 ボクシングのダブル世界タイトルマッチ(9月11日・ボディメーカーコロシアム)で、ともに2度目の防衛を目指す世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級チャンピオンの井岡一翔と同ミニマム級王者の宮崎亮(ともに井岡)が13日、大阪市内の所属ジムでスパーリングを公開し、軽快な動きを披露した。

 井岡は、世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者に挑戦予定の角谷淳志(金沢)と拳を交え、フットワークや左右のコンビネーションを確認。「しっかり自分を追い込んでいきたい。内容の濃い試合で、できればKOしたい」と落ち着いた口調で話した。

 宮崎はフィリピン人ボクサーと激しく打ち合った。防衛戦へ向け「足を使うことを意識してやりたい」と課題を挙げた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2013年8月13日のニュース