長谷川 1回TKO!さあ年内にも3階級制覇へ

[ 2013年8月13日 06:00 ]

1R、左カウンターでカマルゴをKOする長谷川

10回戦 ○長谷川穂積 TKO 1回2分32秒 ヘナロ・カマルゴ●

(8月12日 大田区総合体育館)
 元2階級王者の長谷川はノンタイトル10回戦で1回2分32秒、左フックでカマルゴにTKO勝ち。「ノーダメージで終わって良かった。やってきたことができた。意味のある2分だった」と笑みがこぼれた。

 万全ではなかった。105ラウンドのスパーリングをこなしたが、7月16日に走り込みをしている最中に右太腿裏を肉離れ。約2週間、満足な練習ができなかった。それでもミット打ちを行い、左のショートパンチに磨きをかけた。昨年4月の再起戦からノンタイトル戦4連勝。山下正人会長は「パワーがついた。そろそろ世界へ」と年内にスーパーバンタム級での3階級制覇を目指す意向を示した。同階級は、WBA世界王者のギレルモ・リゴンドー(キューバ)ら強敵ぞろい。それでも長谷川は「もう一つのベルトを獲りたい」と言い切った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2013年8月13日のニュース