G1クライマックス初Vの内藤、次は田中討ちだ!

[ 2013年8月13日 06:00 ]

G1トロフィーとIWGPヘビー級王者に挑戦できる権利証を手に笑顔の内藤

 新日本プロレス「G1クライマックス」を初制覇した内藤哲也は都内の事務所で会見し、「連戦の疲れで膝に水もたまっている。これから万全な体で今年を戦いたい」と話した。

 優勝のご褒美として、菅林社長からは来年1月4日の東京ドーム大会でIWGPヘビー級王座へ挑戦する権利書を受け取った。内藤は田中将斗の持つNEVERのタイトル挑戦を最優先に考えており「7月の秋田で負けた借りを返す。田中が難色を示すならこの権利書を懸けて戦ってもいい」と、9月29日の神戸大会での対戦を要望した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2013年8月13日のニュース