広島 スカウト会議でドラフト上位候補127人に絞る 明大・宗山、大商大・渡部らを映像で確認

[ 2024年6月6日 06:00 ]

交流戦   広島6ー0日本ハム ( 2024年6月5日    マツダ )

 広島は5日、広島市南区の球団事務所でスカウト会議を開き、今秋ドラフト候補を127人(投手82人、野手45人)に絞った。

 上位指名候補に明大・宗山塁内野手、大商大・渡部聖弥外野手、青学大・西川史礁外野手、関大・金丸夢斗投手らの名前が挙がり、約20選手を映像で確認。田村恵スカウト部長は「金丸君、宗山君の評価は元々高い。2人とも故障しているが、それによって(評価が)下がることもない」と強調し、「今回は各地区からいい選手を(リストに)出してもらった。今後(ポジションなどの)具体的な話になってくる」と説明した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月6日のニュース