【ファーム情報】西武が日本ハム戦の初回に13点 満塁弾2本など9安打 打者16人の猛攻

[ 2023年6月21日 17:07 ]

ウエスタン・リーグ   西武17―2日本ハム ( 2023年6月21日    カーミニークフィールド )

 西武打線が初回に満塁弾2本など打者16人攻撃で1イニングに13点を奪った。

 愛斗が無死から1号満塁本塁打。さらに山野辺が6号満塁本塁打を放ち、愛斗は再び回ってきた打席で2号2ランと1イニング2本塁打を記録した。

 愛斗はその後も安打を連ね、4安打8打点の爆発ぶりだった。

 1イニングで2本の満塁本塁打は、1軍では13年8月22日の西武戦でロッテが3回に井口、鈴木がマークするなど、過去5度ある。

 一方、打たれた日本ハム先発・メネズはわずか1/3回で9安打13失点(自責12)でKO。防御率は25・77になった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2023年6月21日のニュース