日本ハム・栗山監督 「ワンポイント禁止」には否定的「日本らしい決定があっていい」

[ 2020年2月3日 05:30 ]

名護キャンプ ( 2020年2月2日 )

ブルペンを見る栗山監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 今季からメジャーで導入される投手の「ワンポイント禁止」の新ルールについて、日本ハムの栗山監督が名護キャンプに派遣されている審判員に来季からの日本での採用に否定的な見解を伝えた。

 「左投手の起用の幅が狭まり、そういう投手のプロへの道も閉ざされる。野球の面白さを広げる意味でも、全てメジャーにならうのではなく、日本らしい決定があっていい」と説明。NPBは新ルールの採用について現場の意見を集約し、今年一年かけて検討するとしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月3日のニュース