内川 古巣相手に大暴れ「こういう選手になりましたと見せたかった」

[ 2011年3月10日 14:07 ]

1回、先制ソロを放ちナインに迎えられるソフトバンク・内川

オープン戦 ソフトバンク4―2横浜

(3月10日 北九州)
 ソフトバンクの内川が古巣横浜との対戦で大活躍した。

 初回、新外国人左腕ブランドンから左翼へ特大のオープン戦1号本塁打で先制点をたたき出すと、3回の2打席目も中前適時打、5回も安打を放ちで3打数3安打2打点。前日9日まで打率2割とバットからなかなか快音が聞かれなかったが、10年在籍したチームの仲間の前で健在ぶりをアピールした。

 「10年間在籍し、こういう選手になりましたというのを見せるうえで大事な試合だった。いい結果を残せて良かった」と浮かれず、口元を引き締めた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2011年3月10日のニュース