PR:

山県10秒00!桐生に続く夢大台へ「スプリント界引っ張る」

陸上 全日本実業団対抗選手権最終日 ( 2017年9月24日    大阪・ヤンマースタジアム長居 )

10秒00で優勝した山県(右)(左は飯塚)
Photo By スポニチ

 男子100メートル決勝で山県亮太(25=セイコーホールディングス)が伊東浩司に並ぶ日本歴代2位の10秒00(追い風0・2メートル)をマークして大会連覇を果たした。9日に桐生祥秀(21=東洋大)が日本人初の9秒台となった9秒98をマークしたばかりだが、山県は自己記録を0秒03更新。日本スプリント界が新次元の戦いに突入した。

 スタート後、さらに中盤と抜群の加速を見せた。山県がぶっちぎりでゴールすると速報記録は10秒01。1分近い判定後、10秒00で確定した。桐生に続く日本人2人目の9秒台はならなかったが、日本歴代2位タイの好タイムに会場は拍手で包まれた。

 「世界選手権の代表に落選してから、一から体を鍛え直してきた。国内のライバルの活躍に刺激を受けながら、どこかで自己ベストが出ればと思っていた」

 自己記録10秒03も昨年のこの大会、舞台もヤンマースタジアム長居だった。だが、このスタジアムでは悔しい思いもした。今年6月の日本選手権では6位に終わり、世界選手権への切符を逃した。3月に右足首を痛め、調整が間に合わなかったためだった。

 夏場にも結果を出せずに、焦りだけが募った。今まで「いつでも眠れる」のが自慢だったが、前夜は「11時に布団に入って、寝たのは3時」と結果への不安と戦っていた。予選は10秒18で準決勝は10秒20。「ダメかな」と弱気になりそうになったが、序盤で体の起き上がりを抑えられたことで、走りの切れ味が復活した。

 ライバルがいたからこそ、今がある。日本選手権レース直後。個人種目でのロンドン行きを断たれた桐生と「僕たち2人がここまで引っ張ってきた。もう一度鍛え直そう」と励まし合った。夏を越して、誓いが現実になっている。「僕にもプライドがある。日本のスプリント界を引っ張りたい」。次戦の予定は10月7日の国体(松山市)。あと0秒01をそこで追い求める。

[ 2017年9月25日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月13日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画