PR:

佐藤明が五輪射撃代表に 女子25メートルピストルで出場枠獲得

 射撃のリオデジャネイロ五輪アジア予選は31日、ニューデリーで行われ、女子25メートルピストルで佐藤明子(警視庁)が4位に入って国別出場枠を獲得し、初の五輪代表に決まった。佐藤絹子(警視庁)は26位、山田聡子(自衛隊)は28位だった。

 女子ライフル3姿勢は清水綾乃(自衛隊)の7位が最高で、出場枠を得られなかった。砥石真衣(長野県協会)は11位、岩田聖子(日立システムズ)は12位。

 日本ライフル射撃協会は、今大会で出場枠を獲得した選手を五輪代表とすることを決めている。

 ◆佐藤 明子(さとう・あきこ=射撃女子25メートルピストル)14、15年は全日本選手権を連覇。ワールドカップ(W杯)の自己最高位は18位。国士舘大出、警視庁。1メートル62、58キロ。31歳。千葉県出身。(共同)

[ 2016年1月31日 20:23 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月19日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画