PR:

葛西に第1子女児誕生、産声に感激「涙が出た。僕の力になる」

W杯ジャンプ男子札幌大会で3位に入り笑顔で喜ぶ葛西紀明。自身のW杯最年長表彰台記録を43歳7カ月に更新した
Photo By スポニチ

 2014年ソチ冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒルで銀、団体で銅メダルを獲得した葛西紀明選手(43)は31日、札幌市で開催されたワールドカップ(W杯)で3位となった後の記者会見で30日未明に第1子となる長女が生まれたことを明らかにした。

 葛西選手は妻怜奈さん(31)の出産に立ち会い、手を握りながら励まし続けたという。「母子ともに健康で生まれてきました。『おぎゃあ』という声を聞いて涙が出た」と誕生の瞬間の喜びを語った。

 13日に、闘病中だった妹の前川久美子さんが38歳の若さで亡くなったばかりだった。「妹の生まれ変わりと言ってはあれだが、命を授かって、生まれてきてくれた。本当に僕の今後の力になる」と葛西選手。18年平昌冬季五輪に向けて「もちろん連れて行きます」と新たな意欲を燃やした。

[ 2016年1月31日 16:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月14日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画