サブカテゴリー

PR:

Jが渇望していた鹿島への無邪気な期待

 長野県諏訪市に住むわたしのいとこは、熱狂的な松本山雅のファンである。社会人になるまで、それほどサッカーに関心がなかったはずなのに、なぜアウェーゲームを追いかけるまでにハマってしまったのか。

 「やっぱり、レッズに勝ったのが大きかったなあ」

 彼が理由としてあげたのは、もちろん、09年の天皇杯である。世紀の番狂わせを起こした北信越リーグのチームは、ここから6年でJ1の舞台にまで駆け上った。サッカーの世界には、チームの運命を変えてしまう試合というものがある。

 ヘビーメタルしか聴かないわたしは一度も見たことがなかったが、さすがに存在ぐらいは知っていた国民的アイドルグループの冠番組が最終回を迎えた。その平均視聴率は23・1%。最高瞬間視聴率は27・4%だったという。その数字を聞いて、あらためて衝撃を受けた。平均視聴率26・8%、最高瞬間視聴率が36・8%だったというクラブW杯の数字に、である。

 長い間、というよりもJリーグが発足して以来ずっと、日本におけるもっとも人気のあるチーム、つまり視聴率の取れるチームは日本代表だった。Jリーグが地上波から姿を消し、選手の収入がプロ野球選手に大きく水をあけられてからも、日本代表とその周辺だけは依然として潤っていた。最近では日本代表の低下を囁(ささや)く声もチラホラと聞こえてきてはいたが、それでも、Jリーグの置かれた苦境とは次元が違っていた。

 だが、鹿島がレアルを倒しかけたあの試合は、今年行われた日本代表のどの試合よりも高い視聴率を記録した。少なくとも視聴率のうえでは、SMAPの最後よりも高い関心を集めた。

 このことの持つ意味は重要だ。とてつもなく重要だ。というのも、これからしばらくの間、鹿島は「世界2位のチーム」として見られることになるからである。

 熱心なサッカーファンであれば、クラブW杯の2位がそのまま世界の2位を意味するわけではないことぐらいわかっている。だが、そうした熱心なファン以外の層が関心を持たなくなったところに、Jリーグの苦境はあった。鹿島に向けられる無邪気で無責任な期待こそ、近年のJリーグが渇望していたものではなかったか。

 世界2位のチームは、もちろん、国内のカップ戦“ごとき”で負けるわけにはいかない。来年のJリーグも、アジア“ごとき”と戦うACLも、すべて勝利が求められる。選手からすれば、たまったものではない。現実を知ってくれ、と叫びたくなるかもしれない。

 だが、乗り越えれば、とてつもなく強くなる。

 サッカーの世界には、チームの運命を変えてしまう試合というものがある。クラブW杯の余韻がいまだ残る今年の天皇杯。レアル戦の衝撃を潰(つぶ)すか、つなげるか。ここからの1試合、もしくは2試合は、鹿島の運命を決定づける戦いとなる。(金子達仁氏=スポーツライター)

[ 2016年12月29日 18:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム

      スペシャルコンテンツ