PR:

首位・浦和、リーグ戦319日ぶり無得点 最下位・大宮に苦杯

明治安田生命J1第9節   浦和0―1大宮 ( 2017年4月30日    NACK )

<大宮・浦和>大宮に敗れガックリの浦和・西川(左)らイレブン
Photo By スポニチ

 7戦負けなし4連勝中と乗りに乗っていた首位・浦和が、開幕から8戦勝ちなしの最下位・大宮に苦杯をなめ、横浜に2―3で敗れた2月25日の開幕戦(日産ス)以来8試合ぶり今季2敗目となる黒星を喫した。

 前半からボール保持率で圧倒的に上回りながら、まさかの零敗。リーグ屈指の攻撃力を誇る浦和が無得点で終わるのは、リーグ戦では昨年6月15日のG大阪戦(吹田S)で0―1と敗れて以来実に319日ぶりのこととなった。

 浦和は26日にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグのウェスタン・シドニー戦(埼玉)を戦ってから中3日での試合。ペトロヴィッチ監督は「少し疲労があるのか、高い気温のせいか、あまりキレがなかったように思う。リードされた後、我々の戦い方を出していったと思うが、やはりそれだけの時間のらりくらりやってしまったらサッカーはなかなか勝利に結びつかない。罰が下るというのがサッカーだと思う」と元気がなかった。

[ 2017年4月30日 17:55 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:01月23日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム