PR:

藤井四段うれし恥ずかし夏休み 座席ミスのち15歳初勝利&連勝

一度、対局場の上座(手前)に座った後、関係者に指摘され、苦笑いを浮かべながら下座に移動する藤井四段
Photo By スポニチ

 将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)が24日、大阪市の関西将棋会館で行われた棋聖戦1次予選の1、2回戦を連勝。15歳の誕生日を19日に迎えてから初勝利を飾り、公式戦通算成績を33勝2敗とした。この日、藤井がベテランのトップ棋士と対戦する新たな企画も発表された。天才中学生棋士が将棋漬けの熱い夏休みに突入した。

 激闘の末に公式戦2敗目を喫した21日に、中学生最後の夏休みに突入した藤井。それからわずか中2日の戦いとなったが「引きずらないよう切り替えた」と盤上に集中した。15歳での初勝利に「今日は勝つことができてホッとしている」と、わずかに表情を緩めた。

 持ち時間各1時間の早指し戦。午前中は、29連勝中に戦った西川和宏六段(31)の父・西川慶二七段(55)と対局。“敵討ち”を狙ったベテランを、113手で返り討ちにした。午後の相手は阪口悟五段(38)。先月の初対局ではミスして追い詰められ、思わず膝をバシバシ叩くなど落ち着きのない態度をとったが、その難敵をあっさり90手で投了させた。

 対局の際、座る場所を“ミス”するハプニングも。午前の対局で先に部屋に入り、そのまま上座へ。慌てた関係者から「こちらです」と促され、バツが悪そうに下座に座り直した。上座は床の間に最も近いか、床の間がなければ入り口から最も遠い場所でタイトルホルダーや棋歴が長い方が座るのが棋界の常識。ただ、どちらが座るか連盟に明確な規定はない。床の間がない部屋だったため、間違えてしまった可能性がある。

 15歳になったばかりとは思えない天才も、おちゃめな部分を見せた。

 夏休みについては「余裕ができたので、有効に活用したい。読みの精度、形勢判断がまだ足りないので克服したい」と自らに“宿題”を課した。将棋以外にしたいことを問われても「今は強くなることが最優先。そちらに集中したい」ときっぱり。

 1カ月以上、将棋漬けの日々を送った後にもたらされる秋の“実り”はどれほどになるだろうか。

[ 2017年7月25日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月24日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル