PR:

松本孝弘 受賞作は「B’zのときより色気 表情豊か」

グラミー賞を受賞した松本孝弘

 グラミー賞の最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞を13日(日本時間14日)受賞したロックバンド「B’z」の松本孝弘(49)は、聴けばこの人と分かる「自分の音」を持つ、日本では数少ないロックギタリストの一人だ。

 松本はボーカルの稲葉浩志(46)と「B’z」を結成し、1988年にデビュー。「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」などヒット曲を連発、ベスト盤「B’z The Best “Pleasure”」は約513万枚を売り上げた。アルバム総売り上げは4400万枚を超え、アーティスト別セールスで国内1位を記録(オリコン調べ)している。

 2007年には音楽界の発展に貢献したとして「ハリウッド・ロック・ウオーク」の殿堂入りを果たし、米国でも人気と実力が認められている。

 受賞作「テーク・ユア・ピック」は、ジャズ・フュージョン界の名ギタリスト、ラリー・カールトンと共作。音楽ディレクターでギタリストの大里和生さんは「松本さんのスリリングで攻撃的な音が、B’zのときより色気が増して表情豊か。ジャンルの異なる個性的な2人が、それぞれの曲の解釈を示しつつ演奏には一体感がある。楽しそうな雰囲気が伝わってくる」と話している。(共同)

[ 2011年2月14日 10:12 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル

      スペシャルコンテンツ