PR:

大谷がエンゼルスを選んだ理由 市場規模や地域ではなく「目標を果たすため最高の環境」

エンゼルスと合意した大谷翔平(AP)
Photo By AP

 ポスティングシステムを利用して大リーグ移籍を目指していた日本ハム・大谷翔平投手(23)が、エンゼルスと合意したことが8日(日本時間9日)分かった。

 大谷の代理人であるネズ・バレロ氏は「今朝、徹底した詳細なプロセスを経て大谷翔平はロサンゼルス・エンゼルスと契約することに決めました。彼はエンゼルスとの強いつながりを感じ、メジャーでの目標を達成するのに最適なチームだと判断した」との声明を発表。

 また、大谷獲得を目指した他球団に対して「どのチームもかなりの労力を割いてくれたことに感謝している」と謝意を伝えた上で「大谷は全てのプレゼンテーションを読み、交渉の席では全ての言葉に耳を傾けた。非常に感銘を受けたため、簡単な決定ではなかった」と選考過程の大谷の様子を明かした。

 さらに「決断に至るまでに多くの推測が出回ったが、彼にとってチームの市場規模や地域、どのリーグかは重要ではなかった」と、交渉期間中にメディアで飛び交った選択基準についての憶測を一蹴。「エンゼルスに本当の結び付きを感じた。競技人生の目標を果たすために、このチームが最高の環境だと判断した」と決断理由を明かした。

[ 2017年12月9日 08:25 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:01月16日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム