PR:

ようやく日の目を見たベテランの価値 16年目を迎えた広島・石原

昨年4月2日の巨人戦で完封勝利を挙げた黒田(左)と握手を交わす石原
Photo By スポニチ

 自主トレ真っ盛りのマツダスタジアム・屋内練習場。フリー打撃に汗を流す若手相手に、打撃投手を務めるベテラン捕手の姿があった。真剣な表情。時に笑顔ものぞく。石原慶幸―。リーグ連覇と日本一を目指す春のキャンプインを前に、その姿、存在が頼もしい。

 ようやく…の思いを禁じ得ない。プロ15年目を迎えた昨季、女房役としてリーグ優勝に貢献し、ベストナインとゴールデングラブ賞を初受賞。中日・吉見が「石原さんが谷繁さんにしか見えなかった」と語ったように、以来、他球団の選手からも賞賛の声が相次いだ。

 勝てば官軍ということだろう。評論家時代の達川光男氏(現ソフトバンク・ヘッドコーチ)は、早い段階から「石原は12球団の中でも指折りの捕手よ」と高く評価。09年には第2回WBC日本代表にも選ばれたが、実直で派手なことを好まない分、実力と世間の認知度には誤差があった。

 思い起こせばFA権を初取得した10年オフ、4球団が水面下で調査していた。岐阜県出身。中でも、中日が熱心と伝わった。同じ野球観を持つ黒田、新井が揃って移籍しており、石原も同じ道を歩むだろう…と思った。だが、彼が下した結論は残留。7年前に聞いた言葉が忘れられない。

 「愛着のあるチームで勝ちたいですからね」

 黒田、新井が復帰し、最も変わったのが石原だ…という声がある。必死にプレーしていたつもりでも、無意識のうちに現状に甘えてしまう。よくある話だ。年輪を刻んでなお必死に練習する2人に感化され、忘れていたものを思い出したとしても何ら責められまい。

 「選手としてレベルアップするのはもちろん、チームのために自分は何ができるか。それを常に考えながらやりたい」

 11年連続となった鹿児島・最福寺での護摩行。今春は、志願参加の会沢も一緒に2泊3日の荒行に挑んだ。正捕手を争うライバルだが、求められれば助言や協力を惜しまない。他の捕手とてしかり。V旅行先のハワイでは家族サービスをする傍ら、若手投手と食事に出掛ける姿があった。

 定評のあるキャッチングに円熟味を増したリード。実力に認知度が追いつき、名実ともに球界屈指の存在になった。晩年にこそ問われるベテランの価値。7年前の願いを叶えて迎えた16年目の春も、石原は元気だ。(江尾 卓也)

[ 2017年1月27日 11:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:02月25日02時〜03時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム