PR:

代役が松井裕討ち!2安打の宮崎にキヨシ監督「超主役」

<D・楽>2回1死一、二塁、松井裕(左)から右翼フェンス直撃の先制二塁打を放つ宮崎

オープン戦 DeNA4―2楽天
(3月19日 横浜)
 思わず頬が緩む。プロとして初めて松井裕から点を奪ったDeNAの中畑監督。試合前は「プロの怖さを教えてあげたいけど、絶対打てないよ。サインもらわないと」とお手上げポーズが、2点も取っちゃった。

 「やっぱり縁があるんだねえ。横浜育ちでウチの野球教室(ベイスターズジュニア)にいたんだから。サービスしてくれたんじゃないの?」

 昨秋ドラフトでクジを外したわけだから縁はどうかと思うが、1位指名したのは間違いではなかった。風邪の石川、首と左太腿裏の張りを訴えた梶谷を欠く打線は初回3者連続三振。150キロの速球と鋭いチェンジアップに、指揮官は「ルーキーじゃないよ、あのボール。素晴らしい」とうなるしかなかった。

 そんな左腕を攻略したのは2回だ。先頭のブランコが2球続いたスライダーを捉えて左前打。目下、オープン戦首位打者の筒香が四球を選んで無死一、二塁とすると、バルディリスは初球の真っすぐを中前にはじき返した。ブランコの本塁憤死でチャンスが消えたかと思ったら、石川に代わって二塁に入った2年目宮崎が高めのチェンジアップを叩き、右翼フェンス直撃の先制二塁打。さらに二、三塁から高城の二ゴロで2点目をもぎ取った。

 4回にも直球を中前に打ち返した宮崎。「ゾーンを上げて低めは振らない。半速球を仕留めることを意識した」と2安打を振り返り、松井裕を「とにかく真っすぐが速かった。変化球もキレキレ。今までやってきた中で指折り数えるトップクラス」と評価した。

 その宮崎を「大合格点。代役以上。超主役」と持ち上げた中畑監督。「2点取れたことが凄くうれしい。集中力。ウチのいいところが出たね」。噂のスーパールーキーを打って、春はもうすぐそこまで来ている。

[ 2014年3月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月15日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム