PR:

不倫で1億円払った原監督 「清武さん」暴露もうやめて

リーグ戦再開へ向けた練習を終え引きあげる巨人・原監督

 交流戦でセ・リーグ初の優勝を飾った巨人・原辰徳監督(53)に女性問題に端を発したスキャンダルが20日、発覚した。元暴力団員の要求に応じ、1億円を払っていたと、21日発売の週刊文春が報じた。巨人は原監督の支払いは認めたが、反社会的勢力との認識はなかったと説明。原監督は2枚の書面を公表しファンに謝罪するとともに前球団代表の清武英利氏(62)の関与を指摘し、一連の騒動の「終戦」を訴えた。

 リーグ戦再開を2日後に控え、交流戦初優勝で勢いに乗る原巨人を衝撃的なスキャンダルが襲った。「巨人原監督が元暴力団員に1億円払っていた!」と題し、週刊文春が6ページにわたって掲載。21日の発売前日に記事の内容を把握した巨人は午前11時に桃井恒和球団社長らが都内の事務所で緊急会見を行った。

 巨人によると、原監督が現役だった88年ごろの女性問題で、06年に2人組の男に1億円を要求され、支払いに応じたという。しかし、相手が反社会的勢力であるとの認識はなく、そのような勢力と交際したこともないとした。球団が警視庁に聞いたところでは、2人は暴力団員などではなかったとしている。

 球団が問題を把握したのは09年。当時の関係者と名乗る別の男が球団事務所に現れ、嫌がらせ行為を繰り返したことから調査に乗り出した。球団が原監督にただしたところ、過去の事実を明かし、警視庁へと届け出た。ただし、09年時点で、2人組のうち1人がすでに事故死していたため、原監督は被害届の提出を見送ったという。

 原監督は「ファンの皆様へ」と題した異例の書面を発表し「1988年ごろ、私はある女性と関係を持ちました」と不倫関係を認めた。「ゆすられていると思い、不安を感じた一方、私を助けてくれるのだとも解釈し、要求された現金を渡しました。苦渋の決断でした」と続けた。そして「私個人の不徳の致すところ。ファンの皆様、大変申し訳ありませんでした」と騒動を謝罪した。

 その一方で、「清武さんへ」と題した書面も公表。昨年11月に解任された前球団代表の清武氏が情報流出に関与しているとの見方を示した。「巨人軍の選手、OB、関係者を傷つける報道が相次いでいます。こんなことがなぜ続くのか。清武さんのほかに、いったいだれがいるのか」と、3月の朝日新聞による契約金超過報道などの裏にあるとされる、清武氏の存在を指摘。「巨人軍の一員だったことを誇りとして、これからを歩んでください。まだ間に合います」と訴えかけた。

 3年ぶりのリーグV奪回を目指す今季。交流戦を圧倒的な強さで制し、最高のムードで再開するリーグ戦に臨もうとした直後に発覚した前代未聞のスキャンダル。昨オフから続く場外戦は収まる気配を見せない。

 【週刊文春の報道要旨】

 24年前の1988年の出来事。兵庫県芦屋市内にある巨人定宿のホテルでアルバイトしていた女性と(当時現役の)原は深い関係になった。その後、トラブルに発展し、女性は95年阪神大震災前後に失踪。元同僚を通じて女性の当時の心情がつづられた日記が暴力団関係者に渡った。18年後の06年8月、原監督に見知らぬ男性から電話が入り「(スキャンダルを)表に出さないように解決するから」と1億円を要求。当時の巨人コーチの名前も2人書かれていることから原監督は日記と引き換えに要求をのんだ。日記は処分。09年になって別の男性から「日記を返せ」と原監督の自宅や球団事務所が嫌がらせを受けたことで、球団は過去の恐喝事件を把握。警察に相談し、数カ月後、その男は威力業務妨害で逮捕された。

[ 2012年6月21日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月19日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム