【体操】34歳・田中佑典 パリ五輪代表ならず

[ 2024年5月19日 15:05 ]

体操・NHK杯最終日 ( 2024年5月19日    群馬・高崎アリーナ )

<体操NHK杯最終日>あん馬の演技をする田中佑典(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 パリ五輪最終選考会として男子の個人総合2回目が行われ、16年リオデジャネイロ五輪団体金メダルの34歳・田中佑典(田中体操ク)は合計340・392点で4位だった。代表自動決定の上位2人以内を逃し、団体を見据えたチーム貢献度でもライバルに屈した。

 得意の平行棒、鉄棒でハイスコアを並べたものの、杉野正尭(25=徳洲会)、谷川航(27=セントラルスポーツ)に貢献度で及ばなかった。

 「いつだって自分の演技をするのみなんですよね」と平常心で臨んだNHK杯。1日目から得意の平行棒、鉄棒で高得点をそろえたベテランは「今がピークのようです。誰も予想していなかったんじゃないでしょうか」と殊勝に語っていた。

 16年リオ五輪の団体金メダルは「誇り」だが「別次元」の戦いだった。年を重ね、体力的な衰えは「見せないようにしているつもりだが、ある」と明かす。

 それでも、競技と真摯(しんし)に向かい続ける求道者は「体の使い方、体の整え方は年々理解できている。積み重ねてきたものが生きている。これを昔の自分に伝えると理解できないだろうなと思う」と自信を見せていたが、2大会ぶり3度目の夢舞台には届かなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月19日のニュース