前日一時拘束のシェフラー 24位後退「立ち直ってプレーしようとしたけど…」 記録もストップ

[ 2024年5月19日 16:23 ]

米男子ゴルフツアー 全米プロ選手権第3日 ( 2024年5月18日    ケンタッキー州バルハラGC=7609ヤード、パー7 )

会見するシェフラー(AP)
Photo By AP

 第2ラウンド(R)の残りと第3Rが行われ、4位から出た世界ランク1位のスコッティ・シェフラー(27=米国)は5バーディー、5ボギー、1ダブルボギーの73とスコアを落とし、通算7アンダーの24位に後退した。

 逮捕劇から一夜明けたこの日、シェフラーは本来の力を発揮できず73とスコアを落とした。2番でグリーン周りでのミスが重なりダブルボギーが先行。3、4番でもスコアを落とすと、その後も巻き返しきれなかった。「全く自分らしさを感じられなかった。昨日の出来事があって、どうにか立ち直ってプレーしようとしたけどダメだった」と振り返った。

 前日17日に交通事故による渋滞の中、警察の指示に従わなかったとして一時拘束された。釈放後にプレーした第2Rは66をマーク。「アドレナリンもあって良いプレーができたのだと思う」と振り返る。この日は「今朝はいつものルーティンができなかった」という。連続イーブンパー以下の記録も「42」で止まることとなった。

 4月のマスターズに続くメジャー連勝が懸かる一戦。首位とは8打差と優勝争いから遠のいた。27歳は「最後まで諦めずにプレーしたい」と自らを奮い立たせるように言った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月19日のニュース