貴親方悲痛…兄弟子への思い吐露「あの頃に戻りたい」

[ 2015年6月22日 05:30 ]

阿武松親方(左)と斎場に入る貴乃花親方

 20日に急性心不全のため43歳で急死した大相撲の元大関・貴ノ浪、音羽山親方(本名・浪岡貞博さん)の通夜が21日、名古屋市守山区の平安会館守山斎場で営まれ、約300人が参列した。所属する貴乃花部屋の師匠・貴乃花親方(元横綱)は会場で気丈に振る舞ったものの部屋の公式サイトで悲痛な思いを吐露。ともに励んだ現役時代を振り返るとともに音羽山親方の遺志を継ぐことを誓った。22日午後0時30分からは同所で葬儀・告別式が営まれる。

 1メートル96、160キロの恵まれた大きな体で優勝2回を果たした名大関・貴ノ浪の通夜。部屋の師匠として、一門の総帥として、そしてともに汗を流した仲間として貴乃花親方は気丈に振る舞った。引退後に撮られた笑みを浮かべた音羽山親方の遺影が飾られた中、紋付き袴(はかま)姿で弔問客に毅然(きぜん)とした表情で丁寧にあいさつ。会場では「この日はコメントできません」としたが、公式サイトでは沈痛な思いを明かした。

 「誠に誠に無念です。やりきれない気持ちでいっぱいです」。そして「もう一度あの頃に、共に汗を流し、激しい稽古に耐え抜き、鍛錬し、燃えたぎる炎を燃やして、明日の夢へ夢へと向かって、お互い汗を流したあの頃にあの頃にただただあの頃に、あの頃だけに戻りたい」と実父・藤島親方(元大関・貴ノ花)の下でともに励んだ現役時代を振り返った。そして「これだけは皆様にお伝えしたい。『身が滅びようとも、培ったこの絆は永遠となり不屈である』と。この意志を継ぎ、葬儀は皆様と共に偲びご遺族の意志をもってひそやかに粛粛とさせていただきます」と締めくくった。盟友の大関・貴ノ浪はともに相撲を愛し、相撲界の発展を願った仲。その思いを後世へ伝えることを誓った。

 通夜の最後には喪主を務める音羽山親方の妻・浪岡陽子さんが「皆さまから悔しいとお言葉をいただきましたが、親方も悔しかったと思います」と涙を流してあいさつ。戒名は「貴勇院釋貞誠」に決まり、棺には親方愛用の眼鏡が入れられた。22日の告別式の際には持病の影響で食べられなかった大好物の納豆も入れる予定。家族が中心となって開く葬儀のため、貴乃花親方が弔辞を読むことはないが、貴ノ浪の遺志は“平成の大横綱”によって受け継がれる。

 ◇主な参列者 伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)、玉ノ井親方(元大関・栃東)、浅香山親方(元大関・魁皇)、高田川親方(元関脇・安芸乃島)、東関親方(元幕内・潮丸)、山響親方(元幕内・巌雄)、大関・稀勢の里、小結・逸ノ城、幕内・高安、十両・若の里、釜本邦茂、明神智和、松村邦洋 =敬称略、順不同

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年6月22日のニュース