JRA4500勝の武豊 らしさ全開インタ「田辺君が気を遣って…」 ダービー6勝も「まだまだ足りない」

[ 2024年5月12日 11:15 ]

<東京2R>JRA通算4500勝を達成した武豊(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 武豊が12日、前人未到のJRA通算4500勝に到達した。

 大台へ2で迎えた今週、前日(11日)の京都9R・あずさ賞をサブマリーナで制して王手をかけ、この日の東京2R・3歳未勝利のウェットシーズンで決めた。金字塔のゴールの瞬間、東京競馬場は大きな拍手に包まれた。

 ウイナーズサークルでのインタビューで、スーパージョッキーは胸を張った。

 ─かわされて差し返した
 「そうですね。田辺君(2着のタンゴバイラリンに騎乗)が気を遣ってくれたみたいで。空気が読めましたね」

 ─場内の拍手は聞こえた?
 「本当に多くの歓声と拍手で凄くうれしかったですね」

 ―4500勝
 「一つ一つの積み重ねの数字なので、これだけ長くジョッキーをやってこれたことがまずうれしいですし、これまでの馬と人に感謝です」

 ―本当に大きい数字
 「目の前の1勝に全力を尽くしてきた結果で、デビューした時はまさかここまで勝てるとは思ってなかった。感慨深いですね」

 ―今年38年目
 「若手をはじめ、凄いジョッキーが日本にはたくさんいて、本当に一つ勝つのも大変なんですけど、こうやってジョッキーを続けていられることが幸せなので今後も頑張っていきたい」

 ―今後の目標は
 「次の1勝が目標です」

 ―このあとヴィクトリアマイル
 「凄く良いチャンスもらったので頑張りたいと思います」

 ―ダービーも“ゆかり”の馬(キタサンブラックの弟・シュガークン)と挑戦
 「楽しみなレースと馬が待ってるんですけど、実力のあるジョッキーばかりなので簡単に勝たせてもらえないですけど、皆で良い競馬していけたら良いと思います」

 ―ダービー6勝しているが
 「まだまだ足りないです」

 ―ファンへ
 「本当に今日は祝福していただきありがとうございます。今後も頑張っていきますので応援してください。ありがとうございました」

 【武豊の節目の勝利】

 ▼500勝 91年7月21日・小倉2Rロイヤルタイム
 ▼1000勝 95年7月23日・小倉3Rエールノコイビト
 ▼1500勝 98年8月23日・札幌1Rミルダイヤ
 ▼2000勝 02年9月21日・阪神12Rディスカバリーベイ
 ▼2500勝 05年1月23日・京都8Rイントゥザグルーヴ
 ▼3000勝 07年11月3日・京都1Rスカイビューティー
 ▼3500勝 13年1月13日・京都5Rカレンケカリーナ
 ▼4000勝 18年9月29日・阪神10Rメイショウカズヒメ
 ▼4500勝 24年5月12日・東京2Rウェットシーズン

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年5月12日のニュース