【有馬記念】ドウデュース 来年再び凱旋門賞挑戦へ 友道師「忘れたものを獲りにいこうという話を」

[ 2023年12月24日 16:39 ]

G1・有馬記念 ( 2023年12月24日    中山芝2500メートル )

ドウデュースで有馬記念を制し、ガッツポーズする武豊(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 G1馬8頭など豪華メンバーが集った暮れの大一番「有馬記念」は、昨年のダービー馬で2番人気ドウデュース(牡4=友道)が制し、G1通算3勝目を挙げた。勝ち時計は2分30秒9。

 管理する友道師はレース後の会見で「ホッとしたのと、さすが武豊」と名手の手腕を称えた。

 来年も現役続行。同師は「また来年、行こうよってことで。忘れたものを獲りにいこうという話をした」と明かした。「たぶんフランス」とし、視線は凱旋門賞へ。昨年は大雨にも見舞われて19着。武豊の悲願、日本競馬界の悲願をかなえるため、再び海を渡る予定だ。

 ▼有馬記念 「有馬」は日本中央競馬会第2代理事長・有馬頼寧(よりやす)氏の名字。1956年に中山競馬場の新スタンド竣工を機に「中山グランプリ」が創設されたが、翌57年に有馬理事長が急逝したため、その功績を称えて「有馬記念」に改称された。

続きを表示

「フローラS」特集記事

「マイラーズC」特集記事

2023年12月24日のニュース