×

【宝塚記念】傾向と対策

[ 2022年6月25日 05:20 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆人気 1番人気は【3・2・1・4】と信頼度はまずまず。2番人気は【2・1・2・5】、3番人気は【2・0・0・8】と人気馬の決着が多い。他は6、7、8番人気が1勝ずつ。10番人気以下の大駆けは厳しい。

 ☆枠番 8枠が【7・0・2・13】と驚異的な数字を残す。他では5枠が【1・2・0・15】と連対率で2位。他は2、6枠が1勝ずつ。1、3、7枠は白星なし。

 ☆前走 天皇賞・春組が【4・3・2・30】と最多勝利を挙げる。ただ、勝率を見ると【2・1・1・10】の大阪杯の方が上。また、鳴尾記念組も【1・3・1・15】と軽視はできない。

 結論 ◎ポタジェ ○エフフォーリア ▲ヒシイグアス

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年6月25日のニュース