×

【京都牝馬S】傾向と対策

[ 2022年2月19日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る(12~20年は京都、21年は阪神)。

 ☆年齢 4歳【5・4・1・44】、5歳【4・4・3・40】、6歳【1・2・5・40】、7歳以上【0・0・1・8】。4、5歳馬中心。高齢馬は割引。

 ☆前走着順 1着【5・4・3・20】、2着【1・1・1・6】。以下6着2勝、8、13着各1勝。前走勝ちの馬の連勝率が高い。

 ☆前走距離 1400メートル未満【0・1・0・38】、1400メートル【2・1・5・20】、1600メートル【4・6・4・48】、1800メートル【2・0・0・2】、2000メートル以上【2・1・1・23】。1400メートル未満からの臨戦組は未勝利。距離短縮組の活躍が目立つ。

 結論 ◎スカイグルーヴ ○タンタラス ▲ギルデッドミラー

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年2月19日のニュース