×

【取手】完全Vデビューの中野 肩の力抜く「今回も3連勝したい」

[ 2022年1月10日 05:30 ]

121期を早期卒業した中野
Photo By スポニチ

 121期の早期卒業生・中野慎詞(22=岩手)が10日、取手でデビュー2場所目を迎える。デビュー場所の前橋は完全Vも「緊張して本来の走りができなかった」と回顧。師匠の佐藤友和(88期・岩手)から「楽しんで走ってこい」とアドバイスされ、肩の力を抜いて走る決意だ。初日は5Rに登場。「今回も3連勝したい。長所であるスピードを生かして最大限の力を出したい」と話した。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2022年1月10日のニュース